■  ほくろとは



ご存知でしたか?ほくろって、生まれた頃にはほとんどないそうですよ。それが、3才から4才位になると一気に増えて、その後、その数はあまり変化しない人が多いそうです。

私たちの体内にはほくろの元になる細胞があり、それがメラニンという黒い粒を沢山作っては貯め込みます。そして、その細胞が集まると黒くなります。それこそが『ほくろ』、医学養護では色素細胞母斑と呼ばれるものです。

「母斑」とは、生まれつきの「あざ」と言う意味で、「痣」という字を書く訳ですが、最初に書いた通り、ほくろというのは生まれた時には殆どありません。そこで、近年は「後天性色素細胞母斑」と呼ぶ専門医が多いそうです。又、直径1p以上の場合はほくろではなく「黒痣」となり、こちらは先天性の場合がその殆ど、正真証明の母斑だそうです。ただし、その組織そのものはほくろも黒座も全くと言っていいほど違いがなく、通常はその大きさが判断基準になっているようです。

日本語では古くは母胎内でついた母親の糞と言われ、「母糞」と呼ばれていたそうです。ところが、鎌倉時代初期になって、黒っぽいその色に注目が集まったのかどうかは定かではありませんが、「黒母糞」となり、「黒母」と呼ばれるようになりました。それがやがて、”ハワクロ”から”ハウクロ”、さらには”ホウクロ”という音韻変化を経て室町時代末期になると、いつしか「ほくろ」と呼ばれるようになっていたと言う通説があるそうですよ。
  

■ 本サイト人気コンテンツ

  ★ 原因と種類
  ★ シミ・ソバカスとの関係
  ★ ほくろの豆知識@
  ★ ほくろの除去について

■ 健康関連最新ニュース